暮らしの中で大切な位置を占める「飲食」。 お客様にしあわせを感じてもらうため とことん、こだわり抜きました。
 
『エスプレッソ』 一口惚れしたエスプレッソ。本当に色々なエスプレッソを試飲しこのエスプレッソに出会いました。飲んだ時、香りと泡がまったりと口の中にまとわりついて飲み込んだ後もしばらくボーッとしてしまうくらい美味しくて採用に至りました。とにかく一度飲んでいただきたい一品。豆は極細挽き、シュガーは、「きび砂糖」を添えて。この「きび砂糖」は粒が四角い結晶状で透明感があり、口に含むとグラニュー糖風にカリカリとして、後味にくどさが残らない品のある甘みを持ちます。飲み終わった後、カップの底に残ったシュガーはスプーンですくって最後までお楽しみいただけます。

『「平飼い地鶏卵」のサンド』 カミノゲンバ養鶏場で飼育している平飼い地鶏の濃厚な卵を使用。パンはお向かいのブーランジェリーシュシュクリエさんの全粒粉の雑穀食パン。カミノゲンバではパンの種類がいくつかあり、基本的にはカミノゲンバ養鶏場の新鮮な平飼い地鶏卵を使用して焼いたパンをお出ししております。卵や牛乳、バターや砂糖を使わずに焼き上げるシュシュクリエさんの雑穀食パンは、香ばしくそのままでも十分美味しいのですが、まったり濃厚なカミノゲンバ地鶏卵にメリハリを与えてくれ相性抜群です。いつものタマゴサンドではない、「平飼い地鶏卵」のサンドをお楽しみください。