【 燈明 - みあかし  - 】                           


神仏にお供えする火の意。 

それを私は光とする。

寺社仏閣や庭園にお供えする「光」

場所と人をつなぐ「光」

神仏と人をつなぐ「光」

-----------

【 燈明 -みあかし- とは 】

優しさとゆっくりとした時の流れ。

場所、歴史、四季から創り出す物語、

優しい光と闇、和の色、動きや変化、

それらをつなぐ秒単位の計算された間。

全てを紡いだ先に浮かび上がる空間をいう。



【 服部高久 】

「燈師 -あかりし- 」 とテニスコーチを両立する、
世界で唯一の異色のクリエイター。

燈師 -あかりし-とは「光を扱う者」の意であり、
光を用いたアート表現と照明の機能を活かした
照明デザインの両方を兼ね備えた表現者。

12歳からテニスを始め、選手を経てプロテニスコーチへ。
現在もテニスコーチとして、
真に上達させる独自のコーチングで、テニスと人をつなぐ。

2015年にSPACE CALDOを立ち上げ、
テニスコーチの他、寺社仏閣や庭園のライトアップ、舞台、作品展など、
空間を演出する燈師 -あかりし-として活躍。

五感を揺り動かす光デザインを持ち味とし、
場所や空間を際立たせるストーリー性の高いデザインと
香りや音などを組み合わせ、
場所や人をつなぐ空間を表現。

2018年にSPACE CALDO Inc.を設立。

和の文化を光で伝える自身の光表現に「燈明 -みあかし-」と命名し、
独自の感性と世界観で「ライトアップ」とは一線を画す和の空間を創造する。

「感動の共有」をテーマに「美しい」の先を創り出すことにこだわり、
意味や根拠の先にある感覚の存在を引き 出すことを追求。

日本のみならず、広く海外に向けても
「燈明 -みあかし-」を発信していくことを目指す。


AWARD
2013年 目白庭園「秋の庭園ライトアップ」デザインコンペ最優秀賞受賞
2014年 目白庭園「秋の庭園ライトアップ」デザインコンペ優秀賞受賞
照明学会認定 照明コンサルタント

https://spacecaldo.com/